木村公一(共同創設者、最高経営責任者)

当社は、1988年に社名にあるようにナレッジエンジニア集団を目指し、私以下3名で設立致しました。
ナレッジ(知識)エンジニアとは、個人個人の知識(情報)やノウハウを共有化し、有機化することによって、企業に知的な競争力を情報化社会の中で生かしていただくお手伝いをする技術者のことです。

設立当初の主な開発案件
・住宅販売会社向けローン支払いシミュレーションソフト等パッケージソフト開発
・金融第3次オンラインシステム開発

その後も、金融・証券・保険業務の大型汎用機システム開発に携わってまいりましたが、
開発環境の多種多様な変化を受けてUNIX、PCでのオープン系の開発など時代のニーズに合わせた事業展開を行って参りました。ただ、ナレッジエンジニア集団を目指し少数な中でそのニーズに応えようと努力してきたため少数に押さえて参りました。

当社は、創業29年を迎えその経験と実績のもとにさらにお客様の期待と信頼に応えるべく柔軟で優秀な人材を育成してより多くのお客様の要求に応えて行きたいと考えております。

今後の展開として下記の戦略を当社の柱として考えております
・エンドユーザーまた異分野同業者との提携
・制御系技術力のさらなる充実化
・受託開発の強化

システム開発会社との連携、提携し、技術支援を深めながらお互いにさらなる成長をしていこうと考えております。また、大型汎用機からオープンシステムへの移行のニーズに応えるべく、さらに技術者の養成・教育を行っていきます。WEB系システム開発の実績を元にさらにオープン系及びWEB系の受託開発を拡張して行きたいと考えております。